なにかのお医者さんになるんですか?

ガジェット大好きな研修医の戯言。

【必須】絶対後悔しない!研修医が揃えるべき11アイテムを紹介【参考書】


f:id:deadpool198:20180407202147j:plain

お疲れ様です!研修医が持っておきたいアイテムを紹介します。意識高い系の人は、学生実習から持っておいても良いかもしれません。

 

 

なにはともあれ、「聴診器」

f:id:deadpool198:20170627213718j:plain

自分のオススメは、『リットマン クラシックⅢ ブラックエディション』。値段は、¥17,000程度。デザインも、柄の部分が黒いのでオシャレ。 

 

上記の『リットマン クラシックⅢ』も確かに良い聴診器ですが、最高クラスの『リットマン カーディオロジーⅣ』もオススメです。特に呼吸音などの聴こえ方が全く違います。値段は¥27,000と高価ですが、それに見合う機能が備わっています。

 

麻薬処方に必要な、「ハンコ」

医師には、沢山の書類仕事があります。麻薬処方など、医師の押印が必要なものもあるので、自分のハンコを一つ持っておくコトが必須。

瞳孔をみるのに、「ペンライト」

患者さんの瞳孔径や対光反射を見るのに必要です。当直のある研修医では必須。電池の接触がイマイチな製品もあるので注意して下さい。

f:id:deadpool198:20180412195207j:image

 

楽天市場でしか販売していない様ですが、IMG製のペンライトもオススメです。デザインは、数あるペンライトの中で一番スマートな気がします。

どこでもメモれるように、「ボード」

患者さんに関する情報を書くためのメモ用に使っています。小さなサイズのボードに紙を折りたたんで挟んでおけば、白衣のポケットにも入ります。

毎日使うから良いモノを買おう、「ボールペン」

病院では、いくらでもボールペンは手に入りますが、良いペンは仕事効率をアップさせてくれます。個人的には、ジェットストリームがオススメ。替芯も買っておくと困りません。

iPadがそのまま入る、「白衣」

病院で支給される場合もありますが、自分でも何枚か所持しておくのも良いと思います。自分はiPadがそのまま入るMizunoの白衣を利用しています。

数枚持っておいて着回す、「スクラブ」

スクラブは身動きが取りやすく、必要な物品が入るポケットも豊富にあるので、必須。自分は3-4枚所持して、着まわしています。

 

夜の大先生、「当直医マニュアル」

「この疾患の患者が来たら具体的に何をするのか」が分かります。「こういう疾患だから、この薬を◯◯mg静注する」だとか、「どんな疾患・症状なら入院」なのかという具体的な行動指針になります。

研修医必須の一冊、「内科レジデントの鉄則」

一つ一つのテーマが、非常にコンパクトで読みやすい。しかし、内容はまさに知りたいポイントそのもの!名著と呼ばれる訳が分かります。

はやめに読んでおくべき、「「型」が身につくカルテの書き方」

どんな科に行っても、手技や治療が分からなくても、カルテを書くことは誰でも出来ます。「どんなコトをカルテに記載すれば良いのか」「一般病棟とICUでのカルテの書き分け方」など、実践的なアドバイスが盛り沢山です。

電子版もオススメ、「今日の治療薬」

電子版が圧倒的に便利です。M2PLUSやKindleで購入しておくコトをオススメします。一方で、書籍版に収録されているコメント欄は、電子版では削られているので、そちらも見たいという方は、書籍版でも良いかもしれません。毎年出版されるので、学生で買うのは少し勿体無いかもしれません。