なにかのお医者さんになるんですか?

ガジェット大好きな研修医の戯言。

10万円貯金して10万円のモノを買う人はずっと貧乏だと思う。


f:id:deadpool198:20170729140720j:plain

お疲れ様です、ファラデーです!

はてな匿名ダイアリーの『30過ぎて100万も貯金が無い奴は信用できない』が話題になっていました。社会人になって感じた「お金を貯めて何かを買うコト」への疑念をまとめてみました。

 

10万円貯金して、10万円のモノを買う人は、残念な人。

f:id:deadpool198:20170729141910j:plain

『10万円貯金して、10万円のモノを買う人』は本当に可哀想。永遠に終わらない自転車操業をしているんだと思います。

 

あなたの時給1000円だとしましょう。すると、10万円貯まるまでに「100時間」を売るコトになります。

 

100時間を売って、10万円のバッグを手にいれました。でも、バッグはあなたが買った瞬間に価値は5万円になります。100時間後のあなたは、5万円の価値があるバッグを持っています。時給は1000円のまま。

 

また、100時間売って、10万円を手に入れました。今度は、10万円のコートを手に入れました。コートも価値は5万円になりました。100時間経ったので、バッグの価値は4万9000円になりました。200時間後のあなたは、5万円のコートと、4万9000円のバッグを持っています。時給は1000円のまま。

 

今度は、100万円の車を買おうと思いました。1000時間売って、車を買いました。車も価値は50万円になりました。1200時間後のあなたは、50万円の車と、4万円のコートと、3万9000円のバッグを持っています。時給は1000円。今度は…

 

極端な表現をすると、こんな感じの人生を歩む可能性があります。ここでの最大の問題点はなにか。それは、「時給が1000円のままであるコト」です。

どんな高級なモノを買っても時給は上がらない。

f:id:deadpool198:20170729141924j:plain

バッグを買っても、コートを買っても、車を買っても、その人の時給は上がりません。必然的に、10万円を貯めるまでの時間も変わらず「100時間」のまま。そうして時間が過ぎていき、生活や環境を変えられぬまま、年だけを取っていく…

 

じゃあ、何をすれば時給が上がるのか。自分なりの答えは、「投資をするコト」だと思います。これは、別に株式やFXとかに限った話ではありません。いわゆる「自分への投資」も含みます。

 

「自分への投資」で気をつけるべきなのは、「あなたが投資だと思っているコトは、本当に時給を上げるのか」をよく考える必要があるというコトです。

 

分かりやすい例として、「英語」があります。英語を勉強すれば、非日本語圏の人々と話せるようになります。実際に、あなた自身の能力向上につながっています。

 

でも、それが「時給を上げるコト」につながっているかどうかは分かりません。「海外旅行で快適に過ごせるようになった」ぐらいの結果では、それは単なる「趣味」であり「自分への投資」ではありません。

 

僕は君たちに武器を配りたい』の中に、以下のような文章があります。

「売り物がある人」は必ず「武器」として英語を身につけるべきだ。まだ「売り」がない人は、英語の勉強をやる前に「自分の商品価値」を作ることが何より大切なのである。

 自分の「売り物」があれば、英語を身につけるコトによって「時給を上げるコト」が出来ますが、そうでない人には、単なる「趣味」になってしまいます。

 

あのイケダハヤト氏も、以下のような発言をしています。

時給を上げるだけじゃない、「10万円までの時間を短縮させる方法」。

また、いわゆる「投資」である株やFX。いまなら、仮想通貨やVALUなど。これらは、「時給を上げるコト」ではなく、「お金にも働いてもらうコト」で10万円を貯めるまでの時間を短縮できます。もちろん失敗もある。時には時間もかかる。でも、だからといって「愚直に貯金する」選択肢をとるのは、「車とか飛行機だと事故が怖いから、北海道から鹿児島まで歩いて行きます」みたいなモノだと思う。

 

10万円を貯金しただけでは、10万円のモノを買う資格はない。

f:id:deadpool198:20170729142034p:plain

10万円あれば、10万円のバッグを買えます。でも、それだと時給は上がらない。でも、あの10万円のバッグが欲しい!

 

すごく、分かります。じゃあ、どうするか。

「投資して得た利益でバッグを買え!」

 

投資初心者の自分があまり偉そうなコトは言えませんが、投資で10万円の利益を出すには、ある程度の資金が必要になります。少なくとも、資金10万円で利益10万円を出すのは不可能に近いハズ。

 

つまり、「たった10万円を貯めただけで、10万円のバッグを買うべきじゃない」ってコト。繰り返しますが、バッグは買えます。でも、それだと10万円を手に入れるまでの時間が減らないんです。

 

社会は、自分が収入に見合っていない買い物をしても、誰も注意してくれません。それどころか、ローンや借金などによって、未来の収入すら奪いに来ます。そういう意味で、「自分へのご褒美」だとか「皆もやってるし」という理由で、不釣り合いな買い物をしてしまう人は、自ら進んで「奴隷」になっています。

 

海で魚を取る漁師にも、儲かる漁師と、儲からない漁師がいる。儲からない漁師というのは、自分で何も考えず、ただ人に使われているだけの漁師である。彼は単なる労働力としてしか見なされず、いなくなったとしても、代わりの漁師を雇えば誰も困らない。つまり「コモディティ」の漁師だ。

- 僕は君たちに武器を配りたい

10万円貯金して、思い出を作る人は、残念じゃないかもしれない。

f:id:deadpool198:20170729142117j:plain

唯一の例外は、思い出に残るコトだと思います。株式でも「自分への投資」でもある程度時間がかかります。でも、その間もドンドン年を取っていきます。

 

今じゃなきゃいけないのは、はやりの服を買うことでも、ソシャゲに課金するコトでもなく、『友達と旅に出かけたり、恋人と遊んだり、家族との思い出を作るコト』。これだけは、後から取り返しのつかないので、投資うんぬんを超えた価値がある気がします。

 

以上が『10万円貯金して10万円のモノを買う人はずっと貧乏だと思う。』でした。

あなたはどう思いますか?

コチラも合わせてドウゾ