読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにかのお医者さんになるんですか?

ガジェット大好き研修医の暇つぶし。

ラオスで象の免許とってみた - Vol.1【事前準備】


f:id:deadpool198:20170329213709j:plain

ラオスでは国家資格として『象の免許』があるらしい…その噂を聞いて、ラオスで象に乗ってきました。今回は、ラオスに行く前に準備したコトをまとめました。

お疲れ様です!ファラデーです!

ラオスには象免許の国家資格があるらしいという噂を聞きつけ、個人旅行男子3人で象旅行に行ってきました。今回は、事前に行った事を紹介します。 

目次

飛行機

f:id:deadpool198:20170318205433j:plain

ラオスへは直行便はありませんSkyscannerで出来るだけ安い&まともなトランジットの便を探しました。成田→ハノイ→ルアンプラバーンの往復で¥69,000/人

宿泊

f:id:deadpool198:20170318205529j:plain

Airbnbを通して予約しました。3人だったので、ダブルベッド+シングルベッドの部屋があるApple Guesthouseに決定。3人×2泊で¥12,000でしたので、¥4000/人

象ツアー

f:id:deadpool198:20170318205644j:plain

調べて分かったのは、ラオスの象免許は国家資格ではない!!!ということ。

 

それぞれのツアー会社が、独自に発行しているだけ。この時点で行くかどうか少し揺らぎましたが、「カヤックに入社するでもなければ、履歴書に書く事もないか…」という感じで行くことに。

 

ラオスに昔からある象ツアー会社のElephant Villageに決定。1日コースで、価格は¥10,000/人でした。

Wi-Fi

f:id:deadpool198:20170318205710j:plain

宿泊先にはWi-Fiがあるので、SIMフリーのモバイルルーターを持っていき、現地SIMを使うことに。後ほど書きますが、3日間3G使い放題で7 USD(¥800)でした。

 

治安

ラオスは、東アジアで最も貧しい社会主義国といわれています。メコン川が流れていますが、途中に滝があるために物流が発達しない事も原因のようです。

 

外務省のサイトでは、ラオス全域が”特別な注意を要する”レベル1に指定されています。少し不安でしたが、警戒レベルとしては最低でしたし、男子3人なので、しっかりと注意すれば大丈夫だろうと判断しました。→全然大丈夫でした

感染症

東南アジアで怖いのが感染症。A型肝炎、デング熱、マラリア、寄生虫、狂犬病など…全てに対応するのは不可能ですし、狂犬病などは長期間の対策が必要になります。

 

ですから、比較的短時間で対策でき、致命的になりうるものとして抗マラリア薬だけ日本で処方してもらいました。¥12,000で週に1回6週間飲みます。後ほど、まとめにも書きますが、蚊に刺されないために現地の気温で長袖長ズボンでいるのはかなりキツイです。結局、半袖で歩いてました。

 

海外赴任などならともかく、3日間の旅行で必要か否かは疑問でした。ツアーで一緒になったカナダ人には、「スゴい用心深いね」と笑われましたが、念には念をという事で後悔はしていません。

持っていったもの

SIMフリーのWi-Fiルーター

f:id:deadpool198:20170318205805j:plain

キャリアのスマホは、購入後181日経過しないとSIMロック解除できない制限があったので、SIMフリーWi-Fiルーターを持って行くことに。全世界対応で、ネットの評価も良いNECの「Aterm MR04LN」を購入ラオスでも問題なく使用できました。今後は、日本で格安SIM会社と契約して使おうと思います。

 

ネットでは、Aterm MR04LNは作りが脆いという評価がありました。同時に保護シールとケースを買いましたが、特に壊れそうな印象はありません。micro SIM専用で、nano SIMに拡張ケースつけて使おうとすると壊れるみたいですね。

 

 

以下は、以前スペインに行った時とほぼ同じです。

【必須携行品】
  • パスポート
  • 現金(¥15,000→$129。空港で換金しました。現地ではkipも$も使えますが、kipに変えた方が手間がかからない印象。お土産をそれほど買わないなら、¥10,000もいらないかも。)
  • クレジットカード(VISA)(使いませんでした。)
【一般】
  • 歯ブラシセット
  • 洗顔
  • 小タオル
  • ネックピロー
  • メガネ
  • コンタクト
  • ドライヤー
【電子機器】
【衣類】
  • ジャケット:1枚(現地では必要ありません。)
  • トップス:4枚
  • パンツ:2枚(チノパン・ジーンズ)(象ツアーで来ていたものは土まみれになりました。)
  • 下着:4枚
  • 靴下:4枚
  • 水着(象ツアーで使いました。)
  • BAGSMART トラベルポーチ 4点セット
【バッグ】
  • バックパック
  • ショルダーバッグ(移動用に。GoPro・一眼・パスポート・財布を入れてました)

以上がラオスに行く上での事前準備でした。

次回は、『ラオスで象乗り免許取ってきた - Vol.2【1-3日目】』をお届けします。

コチラも合わせてドウゾ

興味を持ってもらえたら、フォローお願いします。

Instagram:旅行の写真などをアップします。

Twitter:更新情報や考えたことをツイートします。