読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにかのお医者さんになるんですか?

医学生が考えたコトを発信します

努力しても結果が出ない勉強をしてませんか?

勉強 考察

f:id:deadpool198:20161204184824j:plain

これまで様々な学生と触れ合ってきた上で、勉強法には大きく2つの方法がある事に気づきました。愚かな勉強と賢い勉強についてご紹介します。

良い勉強法と悪い勉強法

f:id:deadpool198:20161204180234j:plain

お疲れ様です!コンプレックス系医学生ファラデー(@faraday_198)です。昔から、一生懸命時間をかけて勉強しているのに結果が出ない人それほど時間をかけていないのに結果が出る人の違いはなんなんだろう…と考えていました。僕なりの結論は以下です。

 

例として、大学受験を想定しましょう。大学受験の範囲は広いようで狭い。どんな分野でも、学ぶべき範囲外の問題がある事は分かります。しかし、それは目の前の試練を突破した後や、プライベートな時間を使って取り組むとして、今回は除外します。

 

目次

  1. 愚か者の勉強
  2. 賢者の勉強
  3. それぞれの最終形態
  4. いつ大きな違いがでるか?
  5. 今回の名言

 

愚か者の勉強

f:id:deadpool198:20161204180341j:plain

愚かな人は、教科書を初めからとてつもない時間をかけて読みます。愚かな人は、ノートを綺麗に書こうとして何回も書き直します

f:id:deadpool198:20161204180349j:plain

しかし、勉強した範囲に関してはノートも見やすく、しっかりと勉強している。だから、結果が出る事も多い

f:id:deadpool198:20161204180326j:plain

徐々に範囲が増えてきます。

f:id:deadpool198:20161204180413j:plain

勉強した範囲に関しては、教科書の欄外に書いてあるようなマニアックな問題でも解けます。一方で、手を付けていない範囲に関しては、問題が簡単でも難しくても解けません

賢者の勉強

f:id:deadpool198:20161204180447j:plain

一方で、賢者は、まず学ぶべき範囲をザッと身につける事に集中します。

f:id:deadpool198:20161204180847j:plain

全体的な習熟度は低いですが、全体を浅く理解しています。そのため、簡単な問題ならば解く事ができます。

f:id:deadpool198:20161204180646j:plain

しかし、やはりそれぞれの習熟度は低いため、難しい問題はどの分野でも解く事ができません

 

f:id:deadpool198:20161204180908j:plain

教科書を何度も通読したりする事で、全体的に習熟度が高まってきます。

f:id:deadpool198:20161204181123j:plain

全てを完璧に理解する事は厳しいでしょうから、必然的にムラはでてきます。

それぞれの最終形態

f:id:deadpool198:20161204181014j:plain

愚か者の勉強をしていても、時間をかければ多くの範囲をカバーする事ができるでしょう。

f:id:deadpool198:20161204181022j:plain

賢者の勉強も、ある程度時間は必要ですが、多くの範囲をカバーできます。

いつ大きな違いが出るか?

f:id:deadpool198:20161204181059j:plain

愚か者の勉強をする事の最大の欠点は、「忘れた時の修復が難しい」事にあります。この勉強方法は、自分の決めた範囲だけを集中的に勉強する事になります。そのため、一度終わった範囲をもう一度見直すまでに相当な時間がかかってしまいます。

f:id:deadpool198:20161204181110j:plain

更に、修復するためには、抜けている範囲に合うようなパーツをまた時間をかけて集中的に作る必要があります。

f:id:deadpool198:20161204181158j:plain

一方で、賢者の勉強法では、どこかの範囲がスッポリと抜けてしまうような事はありません。何度も色塗りをしていますから、例え忘れたとしても、一部分が少し薄くなる程度。

範囲が狭い試験ならどちらでも良いが

f:id:deadpool198:20161204183645j:plain

学校の定期試験のように、非常に狭い範囲を問われる試験ならば、どちらの勉強法でも良い結果が出ると思います。しかし、受験や資格試験のような幅広い範囲から出題される試験では違います

 

何度も何度も上塗りする事で、はじめて学ぶべき範囲が身につきます。特に、几帳面な性格の人ほど愚か者の勉強をする傾向にあります。また、予習を認めないという風潮もそれを助長しているように感じます。

 

皆さんは、どちらの勉強法ですか?

今回の名言

f:id:deadpool198:20161204190810j:plain

Education is a progressive discovery of our own ignorance.(勉強とは自分の無知を徐々に発見していくことである。)

 

-ウィル・デュラント(米国の歴史学者、作家、哲学者 / 1885~1981)

勉強の名言・格言集(英語・日本語) | 名言+Quotes